国宝マンガリッツァ🐖

 

 

この写真、羊ではないんですの…      なんと豚ですの!

マンガリッツァといって品種改良により1883年に生み出されたハンガリー固有の希少種の豚ですの。20世紀初めには、約1千万頭飼われていたんですが1991年には191頭まで激減!!   その後は国を挙げての保護策で絶滅の危機を免れて2004年にはハンガリーの国宝に指定されたそうです。2017には5万頭程度に回復したのでよかったぁー!ですのー

 

 

すごい、豚が国宝!     スゴイ、食べれる国宝!

一般の豚肉よりも霜降りの率が高く、また肉の色が赤褐色で濃く牛肉に似た肉質だそうですの。更に亜鉛や鉄といったミネラルが含まれており老化防止に良いとされる抗酸化酸素も多く含まれているそうですの。脂肪分が一般の豚肉より低温で溶けることも特色である為、調理しても柔らかく仕上がるそうです。

ベーコン・トンカツ・ソテー   などなど食べたいですの!

 

なぜ!?       マンガリッツァ豚が気になったのか?以前、紹介した「甘々と稲妻」なんですが劇中に主人公のつむぎが大好きなピンクで羊の様なキャラクターが出てまして、途中まで羊と思っていましたが、よく見ると鼻が豚なんですの!よくよくグーグル先生に聞いてみるとマンガリッツァという国宝である豚ですの!

 

 

どうりで、つむぎがこのピンクの豚を「ガリガリさん」と呼んでいた謎が解けましたの。

 

 

 

相当、貴重で希少な豚なんですのねぇ〜。生涯何処かで巡り会えればいいのですが〜〜。

 

本日は、初春飾利でした。     より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください